毒キノコヘッドライン

毒キノコヘッドライン

公認会計士とマンガとポーカーと、気づいたことを色々書いていきます。

【TAC】財務会計論 基礎マスター第4回 授業のまとめ

そんなに難しいことはなかった財務会計論の第4回。

なぜこういった処理になっているかという理論の部分が面白かったので、計算よりも理論が好きな人はすっと入ってきそうな内容です。

使用したテキスト・学習内容

  • 財務会計論 基本テキスト②
    ・第4章 有形固定資産
    ・第5章 無形固定資産
    ・第6章 投資その他の資産

第4章 有形固定資産

第3回から引き続き同じ章です。

まずポイントとなるのは買換。
買換は「売却+購入」なので、この処理をしっかり覚えましょう。

普通の買換なら簿記2級レベルなのでさほど難しくはないですが、この授業では、

  1. 値引を把握しない方法
  2. 値引を把握する方法

という2種類の方法を学びます。

1は簿記2級の処理と同じなのですが、2は新出ですね。ポイントとしては、1は「(売却時)資産が高く売れた」、2は「(購入時)資産を安く売れた」に着目した処理となっています。詳しくはTACの授業を見てください(なぜか露骨な宣伝)。

減価償却方法の変更で定率法から定額法への変更も間違えやすそうですね。定額法へ変更する際に残存価額を考慮することを忘れないようにしましょう。

圧縮記帳も大切な論点ですね。覚えてしまえばそこまで難しくない印象です。

第5章 無形固定資産

「簿記2級でやったよね?」ということで、ほぼカットでした。あとでテキスト読むだけで十分のようです。

第6章 投資その他の資産

こちらもほぼカット。投資不動産の減価償却費と収益が、営業外費用・収益になることだけ注意すればOKですね。