毒キノコヘッドライン

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒キノコヘッドライン

公認会計士とマンガとポーカーと、気づいたことを色々書いていきます。

社会人で働きながら勉強するのって難しい

会社員やりながら公認会計士の勉強をしているのですが、いやーしんどいですね。

その理由は公認会計士という割と難しい資格だから、というのも大きな理由ですが、そもそも働きながらというのがすごい負荷になります。なのでその理由を簡単に説明したいと思います。

まず平日の夜に勉強するのが難しい

僕のスケジュールでいくと、

7:00   起床
8:00   会社へ出発
9:00   到着
19:00 退社
20:00 帰宅及び夕飯
21:00 勉強開始
23:00 風呂
24:00 明日の準備とかして就寝

とまぁこんなスケジュールになるのですが、勉強時間が2時間しか取れていません。

しかも2時間取れればいい方で、帰宅すると疲れがどっと出て動けないくらいしんどいときもよくあります。仕事しているときは疲れとかあまり感じないですが、帰ってくると顕著に出ます。それだけ仕事やっているんだなぁと自分を褒めてあげたくなりますが、社畜なんじゃねという強烈な自分ツッコミも聞こえてきます。。。

通勤電車内で参考書をなるべく読むようにしていますが、それだって集中できるものじゃないので、ちゃんと記憶できたかというと微妙なので、簡単なインプット程度の役割にしかなりません。(帰りの電車とか読めても理解できてないこともしばしば)

つまり、平日の勉強の障害は何かというと「仕事で意外と疲れているよ!」ということです。

休日は平日の疲れと自分(甘え)との戦い

平日やれないのであれば休日やればいいじゃない!と、始める前は思っていましたが、むしろ休日の方が自分を律するのが大変です。

まず朝が起きれない。平日の疲れを言い訳に下手したら昼くらいまで寝ている。

仮に起きれたとしても掃除やら洗濯やら平日でサボっていた家事をやる必要があります。その後に勉強となると、またこれが疲れていたりして集中できないものです。

時間的に余裕がある分、そのコントロールが難しいのですね。頑張って自分を律して、勉強机に向かわせましょう。

勉強をやれるための対策(平日)

平日は帰ってくると動けなくなるパターンがあるので、いっそ外で勉強して帰るようにしようかと思っています。

具体的にはドトールやらベローチェやらで安い飲み物を頼んで(たいてい紅茶)、22:00くらいまで居座って読むなり計算するなりできるのではないかと考えています。

勉強をやれるための対策(休日)

休日は何よりも早起きですね。人間起きると意外と動き出すので、とにかくまず朝体を起こすことから。ここをやらないと先に進まない。

次に、勉強する環境を整えてやること。予備校の自習室に行くもよし、喫茶店に行くもよし、図書館にこもるもよし。とにかく外に出たほうがいいと思います。

 

なにはともあれ、実践して良かったらまた記事にしてみます。

ではでは。