毒キノコヘッドライン

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒キノコヘッドライン

公認会計士とマンガとポーカーと、気づいたことを色々書いていきます。

あれ、ぷよぷよクエスト面白い?

以前、ぷよぷよクエストがつまんないみたいな話をしたのですが。

 

それ以後なぜかやっている自分がいることに驚きなんですね。

 

じゃあなぜやっているのかってことですが、「ゲームとして非常に難しい」ってことかなと思います。

 

まずぷよぷよを連鎖させることが難しい。
通常のぷよぷよと違って自分で組むことはできず、従来のものとは違った感覚でプレイしなければいけません。消えたところに新しいぷよぷよが降ってきて、そのぷよ次第では連鎖が可能になってくるという仕様なので、実質7割くらい運要素が関わってきます。

調子がいい時は5連鎖なんて普通に作れるのですが、配置が悪いだけで2連鎖すらきつい時もあります。この仕様がマゾ心をくすぐるんですね。

 

次に、そもそもぷよをなぞって消すというその使用自体の扱いが難しい。
これは実際にゲームをやってもらわないとわからない感覚なのですが、結構入力ミスを犯します。それもそのはず、パズドラのあの大きさですらたまにミスをするのに、数が増えてかつ大きさが小さくなったぷよをなぞって消すという仕様は、ミス量産機でしかありません。しかも実は縦横だけでなく斜めもなぞっていけるという事を知ってから、さらにミスを量産させてくれます。だって斜めに消したら連鎖するというのが見えていたら、誰でもやってしまうでしょう? でも現実は非常なり、変なところが消えて、1連鎖すら起こらないことだってあります。

 

最後に、敵が強くて難しい。
弱点突いてもなかなか倒せない。味方を強く使用にも強化素材は高い上にあまりレベルが上がらない。強い的に出会ったらいかに頭を使って倒していくかを試されます。ゲームとしての面白さを最大限に引き出しているとも思えますが、もはや従来のソシャゲの難易度ではない!

 

こんな感じで、ぷよぷよクエストって難しいんです。

でもだからプレイしちゃう、だってマゾだもん。

 

ソシャゲにしては珍しいやればやるほど味が出るスルメ型のゲームなんだなと、僕自身は思っております。