毒キノコヘッドライン

毒キノコヘッドライン

公認会計士とマンガとポーカーと、気づいたことを色々書いていきます。

【TAC】財務会計論 基礎マスター第1回授業のまとめ

備忘録代わりにどういった授業だったか、簡単にまとめます。
授業内容を事細かに解説することはなく、大切な論点や疑問があった箇所をずらずらーっと書いていきますので、今後TACで公認会計士の勉強をしようと考えている人の塵程度の参考になればと思います。

使用するテキスト

使うテキストは「財務会計論 基本テキスト①」。
(基本テキストは⑥まであります。持ち帰るのが苦痛な重さです。。。)

見た目は分厚くて威圧感ありますが、内容は簿記2級まででやってきたこととのかぶりが結構あります。なので授業では10ページ単位で飛ばされることもよくあります。

学習内容

  • 第1章 損益計算書・貸借対照表の区分表示
  • 第2章 現金及び預金
  • 第3章 手形取引
  • 第4章 有価証券(その1)

第1章 損益計算書・貸借対照表の区分表示

特に言うことなし。読んでおこう。

第2章 現金及び預金

簿記2級やっていればだいたい分かると思います。

気をつけた方がいいなと思うのは「先日付小切手」と「当座借越」。

先日付小切手は、通常の小切手と違ってすぐ現金化できないことから、「受取手形」勘定で処理するのを忘れないように。

当座借越は、一勘定法と二勘定法で処理の仕方が違うから要注意。B/S上では純額ではなく総額の表示になるのも抜けやすいので注意ですね(前T/Bでは一勘定法が純額表示になっているため)

 第3章 手形取引

ここも簿記2級の範囲でだいたい分かるはずです。

強いて言えば、裏書手形・割引手形の注記ぐらいでしょうか。

第4章 有価証券(その1)

ここも簿記2級でやっていますが、結構間違いやすいポイントかなと思いますので、まずはしっかりと有価証券の4分類(売買目的有価証券、満期保有目的有価証券、関連会社株式、その他有価証券)の基本的なところから押さえておくと間違いが少なさそうです。

あと決算整理の処理を間違えないようにしたいですね。

月間PV数が100を超えました

タイトル書いていてなんか寂しい気持ちにもなりますが……
とても低いハードルではありますが、それを超えられたことにとてもうれしく思います!

まずはこの弱小ブログを1回でも見てくれた皆様に感謝です。

次は月間PV1000を越えよう(小声

『のだめ』の次は「宝石×質屋」!?『七つ屋志のぶの宝石匣』レビュー

のだめカンタービレ』の二ノ宮知子先生が講談社で連載を始めた次の作品は、なんと質屋が舞台のマンガ。ニッチな分野で大丈夫か?と読む前は思いましたが、宝石や質屋商売が身近に感じれるように丁寧にでもギャグテイスト満載で描いています。『のだめ』の世界観が好きなら絶対に読んだほうがいいですね!

婚約者は質流れ品

七つ屋志のぶの宝石匣(1) (KC KISS)

七つ屋志のぶの宝石匣(1) (KC KISS)

 

のだめカンタービレ』から4年、待望の二ノ宮知子最新作のテーマは「宝石×質屋」!
東京下町の老舗・質屋を舞台に、宝石のオーラが見える質屋の娘・志のぶとイケメン宝石外商・顕が織りなす、キラッキラの人間ドラマ。新・二ノ宮劇場の開幕です!!

ヒロインは宝石の"気"とかがわかっちゃう不思議ちゃん、倉田志のぶ、
主人公は質流れで志のぶの婚約者にされてしまった高級宝石店外商、北上顕定。

どこかのだめと千秋先輩の雰囲気がある二人です。
志のぶはのだめよりははっちゃけてませんが(ぎゃぼーとか言わないし)。

f:id:Null795:20161002224355j:plain

f:id:Null795:20161002224414j:plain

↑こういったやり取り、のだめっぽくて本当にいいです!

キャラクター説明でちょろっと書きましたがイケメンの顕定は志のぶの婚約者。正確には質流れのせいで婚約者にさせられてしまいました。

現実の世界でそういうのがありえるのかわからないですが、なんともまあぶっ飛んだ設定です。今のところ婚約者の伏線が回収されるようなストーリーはあまり展開されていないので、そのあたりは今後に期待ですね。 

二ノ宮先生の守備範囲が広すぎ!

『のだめ』ではクラシック音楽、『志のぶ』では質屋と宝石と、題材に関してはどの作家よりも我が道を突き進んでいる二ノ宮先生。

実はもう1作、集英社で連載していた『87CLOCKERS』(エイティセブンクロッカーズ)というオーバークロックのマンガもあります。

 

 

いや、ほんと、未知のテーマに突っ込みすぎです、先生。。。